yandex

無料で動画をMPEG4に変換する方法

動画をMPEG 4に変換する必要がある場合は、Freemake Video Converterを使用してください。任意の動画をMPEG4に素早く簡単に変換できるフリーソフトです。MOV、AVI、WMVなどの拡張機能を構成するファイルを追加し、ホームシアター、テレビ、パソコン、Mac、スマホ、タブレットで視聴するためにエンコードします。軽量なMPEG4コーデックを使用してファイルを保存することで、ハードドライブのスペースを節約できます。
無料ダウンロード
簡単な指示:
1. フリー動画MPEG4変換ソフトのインストール
2. ビデオファイルを追加します
3. 出力フォーマットを選択します
4. ムービーのパラメータを選択します
5. 動画をMPEG4に変換します

動画をMPEG4に変換するには、以下の手順を実行してください:

1

フリー動画MPEG4変換ソフト
のインストール

このサイトから無料でプログラムをダウンロードし、Windowsのパソコンにインストールします。フリーウェアはMacに対応していませんのでご注意ください。 ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、インストールを開始します。 利用規約をお読みいただいた上で、「同意する」ボタンをクリックしてください。Freemakeの公式ソフトウェアにはサードパーティのオファーやプラグインは含まれていません。 したがって、安全にあなたのPCにインストールすることができます。

このツールをインストールするには、高速インターネット接続が必要です。接続が中断された場合は、完全なオフラインバージョンをダウンロードすることをお勧めします。 インストールが完了すると、ソフトが自動的に起動します。
2

ビデオファイルを追加します

ドラッグアンドドロップでMPEG4に変換したいファイルを添付します。さまざまなサイズ、フォーマット、解像度のビデオをいくつか追加できます。しかし、ファイルは保護されるべきではありません。

コンピュータが十分に強力でない場合は、一度に複数の大きなHDファイルを追加することはお勧めしません。
3

出力ビデオフォーマットを選択します

MPEG4はビデオフォーマットではありません。 これは、AVIまたはMKVのコンテナフォーマットで使用できるコーデックです。 ビデオをテレビやホームシアターで視聴するには、AVIオプションを選択します。メディアをストリーミングしたり、オーディオとビデオのデータを追加する場合は、MKVオプションを選択してください。
4

ムービーのパラメータを選択します

出力形式を選択します。 該当する緑色のボタンをクリックしてフォーマット設定を開きます。新しいウィンドウで、ドロップダウンメニューをクリックし、準備されたプリセットを選択するか、「ソースと同じ」を選択します。次に、ドロップダウンメニューの下にある青色の歯車をクリックします。したがって、プリセット設定全体が表示されます。ビデオコーデック設定を見つけ、メニューからMPEG4を選択します。コーデックの変更を適用するには、ウィンドウの下部にある「OK」をクリックすることを忘れないでください。

コーデックと拡張機能の違いがわかっている場合は、完全にパーソナライズされたプリセットを作成できます。ムービーの解像度を変更し、自動調整またはストレッチ、オーディオおよびビデオのビットレート、fps、およびその他の設定を変更します。カスタムプリセットを保存してメニューに追加します。
5

動画をMPEG4に変換します

ファイルをMPEG4に変換します。次に、「変換する」ボタンをクリックして変換プロセスを実行します。ファイルの数と種類によっては、処理に時間がかかることがあります。

プロセスが終了するまで待たない場合は、「PCのシャットダウン」オプションを選択することができます。変換が完了すると、ソフトウェアはPCをシャットダウンします。「一時停止」をクリックすると、エンコード処理を一時停止できます。後で簡単にプロセスを再開できます。